メニュー

量と時間 - 千葉で安心の出産をするなら武田助産院

tel:047-488-0311

お産の知識

退院後の過ごし方

量と時間

量と時間

●母乳不足を訴える人のほとんどが、「3時間あかない」といわれます。
 確かに3時間あかないと母乳不足とかいてある文献もあります。
 また、よく泣くために足りないと感じる方も多いようです。

●赤ちゃんの胃袋の大きさは、だいたい足の大きさだといわれています。
 それぐらいの胃袋にはたして、どれぐらいのおっぱいが入るでしょうか?
 だいたい80~100ccといわれています。

●また、おっぱいはミルクの1/3しか脂肪の大きさがありません。
 そのためミルクよりも早くお腹がすいてしまいます。飲む量というのは毎回違いますから、
 時には30分でお腹がすいてしまうこともあるのです。

●まずは、泣いたらあげるようにしてください。
 母乳が足りているか心配な人ほど回数を多く吸わせることをお勧めします。
 逆に、たくさん出て赤ちゃんも飲んでいるのに泣く場合は、飲みすぎを考えてください。
 お腹が苦しくて泣いている場合もあるのです。

●よく吐く、たて抱きやうつ伏せにすると泣き止む赤ちゃんは、飲みすぎている場合が多いです。
 飲ませる時間を短くしてみてください。意外におとなしくなることがあります。

●夜中の授乳はおっぱいの分泌を促します。慣れるまで大変かもしれませんが、
 夜中1~2回は授乳をするとおっぱいが出るようになります。

●体重の増加が心配なとき、ミルクを足した方が良いのではと思ったときは、相談してください。